女性が言う「少年のような男性」ってどういう意味? 40代男性は 「ハンチョウ」になればモテる

婚活軍師です。貴殿の婚活を成功に導く策を献じます。

このたびは、「少年のような男になってモテる策」です。

「少年のような男性が理想の人です」という女性の言葉、聞いたことがありますよね。これを言う女性は多いです。言葉に出さずとも、少年のような男性に惹かれる女性は少なくありません。

しかし、これは難解です。子供のようにわがままにふるまうことではないのです。

正解は「少年漫画の主人公のように、熱く生きる」です。とはいえ、40代男性にとっては無理があります。だから「ハンチョウ」をお手本にしましょう。

モテたいと思うほどキモチ悪くなってモテなくなる

少年漫画は、性欲をストレートに描きません。主人公たちは、自己のミッションに生き、命を燃やします。

女性がいう「少年のような男性」とは、性欲がなく、キモチ悪さがない男のことです。つまり、少年漫画の主人公を指します。

女性にモテたいなら、女性にモテたいと必死になってはいけないのです。男のそういう欲望、つまり性欲は、キモチ悪さとなって顔に出るのです。

キモチ悪い男は、絶対にモテません。

悟空は性欲がないから清々しい

40代男性なら誰もが知っている「ドラゴンボール」。

主人公の孫悟空は、清々しくて魅力的です。強くなるという、シンプルな自己の目的に生きているからです。悟空のように、生きる目的=「ミッション」を見つけて、そこに全力を注ぐ。それが、女性のいう「少年のような」という意味です

悟空のミッションは、強くなること。そこに情熱を注ぎました。遺伝的に特別なこともあって、宇宙最強レベルとなりました。

普通の人の普通のミッション

普通の40代男性が、ミッションを見つけ、熱く生きるにはどうすればいいのでしょうか。

なにしろ、人生100年時代です。40代から自己のミッションを探し、そのために生きても、遅くはありません。若いころには持っていたミッションを、再び見直してみるのもいいでしょう。

ミッションは、壮大なものでなくともいいのです。誰かを救う必要もありません。

悟空は、結果的には地球や宇宙を救いましたが、そのミッションはあくまで「強くなる」という、自分のことでした。自己を探求することが、結果的に他者の救いとなるケースは多いのです。

ミッションは、まずは自己が救われることです。究極的には、人生を楽しむことが、万人に共通のミッションではないでしょうか。

誰にも依存せず自分で自分を楽しませることができるか

ハンチョウという作品があります。主人公のハンチョウに憧れる40代男性は多いのではないでしょうか。

ハンチョウは少年漫画ではありませんが、作品の性格上、性欲を描きません。だから、実際にこんな人物がいれば、女性にモテそうです。

食事を楽しむ。父や母が作ってくれた料理の再現を楽しむ。

仕事(地下施設で販売するお菓子の仕入れ)も楽しむ。日本橋から箱根まで歩いてみたりもする。

風邪の治療まで楽しんでしまう。なにしろ楽しそうです。楽しむことが、ハンチョウのミッションなのです。

誰にも依存せず、自分で自分を楽しませることができる。虫取りに夢中になる少年のようではありませんか。

冷めている若い男よりも熱い40代男性がモテる

モテたいと必死になるほど、女性にモテなくなります。性欲以外の生きる目的、ミッションを見つけましょう。

ミッションは、なんでもいいのです。仕事でもいいし、誰かの役に立つことでもいいです。誰の役に立たずとも、自分のみが楽しめて、自己を救えればなんでもいいのです。

徹底的にミッションに情熱を注ぎ、生きてみましょう。そんな男性は少年のように輝きますから、女性からモテます。性欲で気持ち悪くなっている若い男よりもモテるようになります。

この記事を書いた人

アバター

婚活軍師

モテない40代オジさんが一念発起して自分を変え、22歳美女と結婚した経験をもとに、中年男性の婚活について書きます。
感想、ご意見、質問などありましたら記事へのコメントや問い合わせフォームからお気軽に。