40代男性は「三毒減らし」と「7つの習慣」で善良な人になれば結婚できる

婚活軍師です。貴殿の婚活を成功に導く策を練ります。

この記事では、40代男性が婚活を成功させるための必勝の策をお伝えしましょう。

それは「善良な人」になることです。

「善良」が最強

善良であること。

婚活のみならず、結婚後に幸福な家庭を築き、仕事で社会に役立ち、人生そのものを成功に導く究極の策です。

善良な人とは「お人好し」ではありません。

悪に流されない勇気を持ち続け、自己を律することができる人。

怒りや欲望といったマイナスの感情が少なく、自立していて、進んで他者のために貢献する人。

それが、善良な人です。

善良な人はさわやかで、人を惹きつけるので、仕事ができ、女性にモテます。

生まれつきの容姿や性格に関係なく「善良な人」になる方法があります。

  • 三毒を減らす
  • 7つの習慣を身につける

です。

怒りや欲望が強いとモテない

三毒とは、仏教の概念です。

  1. 怒り
  2. 欲望
  3. 愚か

という3つの感情を、苦しみの根源として「三毒」と呼びます。

三毒が多いと人格が暗くなり、モテません。

何かに怒っていて、食欲や性欲が強くて、無知で愚か。そんな人が周囲にいたら、避けたいですね。でも、かく言うこの私も、貴殿も、そんな状態になってることって、よくあるのです。

怒りや欲望を行動の動機とすると、さらに怒りや欲望が増大します。エネルギーというものは使えば減るはずですが、三毒は増えるのです。

いったん怒りだすとどんどん怒りが大きくなる、といった経験が貴殿にもおありでしょう。

増大した三毒はストレスとなります。ストレスは、より強力な刺激で、打ち消すことになります。食欲が増えてお腹が出てきます。酒量が増えます。

あるいはギャンブルにハマる。アイドルやゲームにのめり込む。女性がいる夜の店で遊ぶ人もいます。

三毒を減らせば、ストレスが減ります。強い刺激で相殺する必要がなくなります。

トレーニングで三毒を減らす

三毒を減らすトレーニングをしましょう。

怒りや欲望に囚われると、そればかりが頭の中をいつまでもグルグルと巡ります。怒りや欲望に気づいた時点で、それを手放すのです。

誰かに怒っている。なにかを欲している。そんな自分に気づいたら、いったんそこから離れて、今やるべきこと、仕事でも家事でもいいのですが、そこに集中します。

すると、またいつの間にか三毒にとらわれてしまいます。気づいたらまた離れる。とらわれる。はなれる。

その繰り返しです。

1日やれば、その日はとても充実することでしょう。3日もやれば、この三毒減らしが気持ちよくて、ハマってしまうはずです。

ストレスが減り、仕事がはかどり、モテるようになる。これほどいいことはありません。

7つの習慣で成功に近づく

7つの習慣は、世界的にもっとも有名な「成功本」です。

表面的なテクニックではなく、人格を磨くことでしか真の成功は得られない、と説きます。

そのための7つの習慣が、

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことから始める
  3. 最優先事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. まず理解に徹し、そして理解される
  6. シナジーを創り出す
  7. 刃を研ぐ

です。これだけ見ても、さっぱり意味がわかりません。検索すれば、要約した記事がいくつもヒットしますが、まずはオリジナルの書籍を精読することをおすすめします。

この本は、アメリカで建国以来200年間に書かれた成功に関する膨大な文献を調査して書かれた、いわば「まとめ本」です。それをさらに要約してしまうと、大事なエッセンスが抜け落ちてしまうのです。

簡単に読める本でも、おもしろい本でもありません。しかし、結局のところは、成功の原理原則に従うのが、王道であり、近道なのです。

書店やアマゾンで本を探すと「1日5分で」「秒速で」「一瞬で」といったタイトルの本が並んでいます。女性にモテるため、婚活に成功するためのテクニックの本も多いです。それらはすべて、7つの習慣が否定する「表面的なテクニック」です。

三毒を減らし 7つの習慣を実践してパートナーとともに歩もう

モテるための方法はウェブにもSNSにも書籍にもあふれていますが、表面的なテクニックを身につけようとしても時間のムダです。結局のところは貴殿が「善良な人になる」ことが近道で、王道です。

善良な人になれば、良い伴侶を得られます。その後の結婚生活がうまくいき、幸せな家庭を築くことができます。仕事もできるようになります。

この記事を書いた人

アバター

婚活軍師

モテない40代オジさんが一念発起して自分を変え、22歳美女と結婚した経験をもとに、中年男性の婚活について書きます。
感想、ご意見、質問などありましたら記事へのコメントや問い合わせフォームからお気軽に。